チェンマイ

言葉はどうする?オンスクールはホントに日本語OKか?

オンスクールの受講案内に記載されている「日本語OK」の文字。

現地でレッスンを受けたいけど、言葉の不安を抱えている人には心強い情報です。

…が、ぶっちゃけた話「全てが日本語OKではありません」でした。

 

今となってはネタ話の「言葉の問題」

実体験のご紹介です。

 

日本語は概ねOKが正解

オン先生は日本語(だけでなく、他の言語も)でコミュニケーションができます。

また、他の先生も日常的な言葉なら日本語でだいたい通じます。

細かいニュアンス等、伝わりにくい点は日本人スタッフがサポートしてくれます。

また、生徒の中にはオンスクールに複数回きているため、タイ語が堪能な人がいる事も!

そのため「言葉が通じず、孤立する」という事は、ありえない…と思って良いと思います。

 

ただ、先生の中にも「タイ語と英語しかわからない!」という人もいる事は事実。

 

日本語が堪能な先生でも、さすがに方言や略語等まで理解している人はいません。

「なんでもかんでも通じる現地ガイド」みたいな感覚では、円滑なコミュニケーションは取れないと思っていた方がよいでしょう。

 

初日の先生はまさかの英語オンリー!(笑)

ベーシック講習を受けた時、担当してくれた先生は「日本語がほとんどわからない」方でした(笑)

さらに、英語も特別得意…という事もなく、明らかにタイ語訛りも強く…。

 

だからと言って、こちらも日本語訛りの強い英語&単語レベルでしか喋れません(大笑)

 

それでも、テキストがあったり身振り手振りでコミュニケーションを取ったり。

個人的な感覚ですが「語学レベルが同程度(低い方笑)」だと、お互いに必死になるので意外と通じます。

多分「あ〜、日本語で喋っても通じねーわ…。」という諦めスイッチが入ると、一気に語学に関する感覚が鋭くなるんでしょう。

 

加えて、同じタイミングでベーシックコースを受講していたのは韓国人とヨーロッパ系の方(多分、ポルトガル語?)

泰英日韓葡…の言語が混在する、異空間と言えば異空間でしたが、講習は滞りなく、楽しく勉強できました。

 

2週間後には通訳になっていた(大笑)

ベーシックとプロフェッショナルコースの受講が終わる頃。

主だった先生とは普通にコミュニケーションが取れるようになっていました。

言語は、泰英日のMIXで、おそらく…というより、文法的な話は確実に滅茶苦茶だったと思います。

 

それでも、新しく入ってきた「言葉が通じなかったらどうしよう…」と不安になっている日本人から見たら

「藤本さん、現地の言葉わかるんすか!!?」と驚かれるほど。

 

正直「細かい話はさっぱりわからん!」というレベルでしたが、サポート的な事ができるようにはなっていました。

人間、環境に慣れれば何とか生きていける強さは持っているようです。

 

 

日本人同士だけでつるまないほうが楽しい

結果論ですが、せっかくの海外研修。

日本人同士でつるんで、その枠に止まるのはもったいないです。

確かに日本人も多く、母国語で話をした方が楽なのはわかりますが、異国文化から学ぶものは沢山あります。

 

オンスクールでタイ古式マッサージの技術を習得しつつ、タイ語や他国の言語に触れる機会を持つ事で、人生の良い経験になる事は間違いありません。

また、タイ語を覚える事で、現地の美味いものを食べられる機会や絶景を見る機会も一気に増えます。

 

「日本語OK」とは書いてはありますが、「いざという時に困る心配がない!」程度の感覚でいた方が良いでしょう。

もし、オンスクールに行く機会があれば強く構えず、積極的にタイやその他国の言語や文化に触れる事を強くお勧めします。

 

 

【閲覧数の多い記事】

お申し込みはこちらから
【現在準備中】