独立を目指すための具体的な経営学

強い志を持って独立した!
…は、良いけれど、働けど働けど安定せず…。

施術者自身が健康で安定的な経営を維持できないと、良いサービスの提供はできません。
本講座では技術指導と並行して、経営学の知識も深めていきます。

 

独立して5年後に生き残っているのは約3%!?

表題の数字が嘘か本当かはわかりませんが、整体/リラク系サロンは現実的に厳しい時代なのは間違いありません。

主催者(藤本実)は、2013年開業…なので、どうにか3%の中には入っています。

しかし、その間に専門学校時代の仲間や、富良野の同業者。

セミナー等で知り合った多くの施術家が廃業していくのを目の当たりにしています…。

 

はっきり言いますが、施術家は「高い技術」と「熱い想い」だけでは継続的にサービスを提供する事はできません。

対価としてお金を頂く以上、正しいお金の知識と責任のある使い方を学ぶべき…と考えています。

 

「お金を稼ぐ事に後ろめたさを感じる」という方は本講座をオススメしません。

同様に「利益を出すためなら何でもする」という人も本講座をオススメしません。

 

どっちも長続きしない…と、肌で感じているためです。

 

 

講習で予定している経営学講座

まずはざっくりと箇条書きにします。

  • 原価計算/売り上げ計算
  • マーケティング/ポジショニング(自分の特性と地域性に合わせる方法)
  • 経営戦略(ランチェスター戦略がメイン)
  • 広告戦略
  • 関連法規
  • ホームページ制作(wordpressプログラミング)
  • 自分でロゴ等をデザインする方法
  • SNSの使い方
  • 倒産学
  • 客に非ず…な人への対応(←言い方w)

などを想定していますが、リクエストがあれば随時追加して行きます。

 

 

施術家にとって大事な数字

廃業とは「キャッシュアウト」を意味し、これはどんな業界でも同じ。

家賃や光熱費、ローン等々を期日までに払えなくなったら、事業は終わりです。

しかも個人事業主は銀行での扱いは酷いので助けてくれないと思っていた方が良いです(実体験)

 

だからと言って、不要不急のリピートを促したり、余計なオプションで売り上げを伸ばしても意味はないでしょう。

逆に既存のお客様が離れて行く可能性も高くなります。

ご意見は色々あると思いますが、藤本的には下記の数字を強く意識しています。

  • 固定費
  • 宣伝費
  • 給与(自分は個人事業主なので、自分の収入)
  • 稼働時間

ちなみに、藤本の施術価格は「1時間3500円〜」で行なっています。

開業当時は「2980円」でやっていましたが、これは安値相場に合わせたわけではなく(意識はしましたが)

 

徹底的に、固定費と稼働時間を削り計算して出した価格です。

 

その他、地域性の研究や日常業務の徹底的な効率化。

お客様が気持ちよく&自発的にリピートしていただけるような仕組みを作り…。

今では、平均して1日4時間程度の施術時間で十分やっていけるようになりました。

(富良野は繁忙期と閑散期の差が激しいので、夏はメチャクチャ忙しいですが…^^;)

 

 

廃業にはパターンがある!

上記の「倒産学」の内容になりますが、キャッシュアウトする施術家の多くは、このパターンにはまっている事が多いです。

逆に言うと、まずはその「やってはいけない/超えてはいけない線」を明確にする事が第一歩。

箇条書きにしてしまうと「そんなの当たり前じゃん!」と言われがちですが…。

 

事例を挙げると

  • 売り上げの計算ができていない
  • 上記にも関わらず、店舗(家賃/内装等)にコストをかけすぎる
  • 売り上げが伸びない焦りから、値引きやキャンペーン、物販を頻繁に行う
  • ディスカウントした分、自分や従業員の報酬もディスカウントしちゃう…。
  • 出所不明の情報教材に手を出したり、営業時間を割ってまでセミナーに参加する
  • それでも売り上げが伸びないから、他のお店にバイトに行き、予約を取り逃がす…。

後半は半分悪口になりますが、上記は実際に目の当たりにした内容を書いています。

技術があってもそれだけでは売り上げを出す事はできません。

反面「ちゃんとした仕組み」を作れば、潰れにくい仕事になるのも施術業の特徴です。

 

 

施術業が潰れにくいって!?

冒頭で9割以上が廃業している…と言った事と矛盾しますが、個人的には施術業は「儲かりにくいけど潰れにくい仕事」の一つだと思っています。

(だから、この仕事を選んだ…という事にも繋がりますが)

その理由に

  • 在庫が無い
  • 仕込み時間も無い
  • 原価率が低く利益率が高い(反面、回転率は悪いですが…)
  • 潜在的需要は無くならない(=肩こり腰痛は無くならない)
  • 現金商売なのでキャッシュフローが良い/管理コストが安い

…などなど、メリットはたくさんあります。

にも関わらず、高い廃業率になる一番の理由は

 

「デビュー初日の施術者」と「20年以上のキャリアがある施術者」が同じ土俵に上がる事。

 

初心者もベテランもお客様の前では同じ「施術者」でしかなく、初心者だから…といって下手くそでも許して貰えるわけではありません。

「まだ起業したばかりだから…」「資格を取ったばかりなので…」という言い訳は一切通用せず、その間(約5年)に心が折れる人が多い…というのが実際の話だと思います。

また、一人親方の個人事業主だと相談をする相手もいない…という人も珍しくありません。

自分はたまたま経営のアドバイスをしてくれる人と縁があったのでスタートアップ時もスムーズでしたが…。

 

そんな話も技術を習得する事と併せて覚えて頂ければ…と考えています。

上記、基本料金に含まれている事、念のため(笑)

 

 

 

 

お申し込みはこちらから
【現在準備中】